NEWS

  • NEWS

    2018.04.23

    カルティエジャパン社長と対談しました。

    弊社代表のマニヤンがFAJFemmes actives Japon)でカルティエジャパン社長のヴェロニカ・プラット・ヴァン・ティール氏と登壇し、日本女性のエンパワーメントをテーマにお話させていただきました。女性にとってより良いワークプレイスを創るためのアイデアやイニシアチブ、そしてそれらを支えるハピネスやインクルージョンといった価値観について意見を交わしました。


  • NEWS

    2018.04.02

    オフィスを移転しました!

    2018年4月2日より、業務拡大のため下記住所へ移転しました。多種多様な人材と文化が交わり、常に新しいアイデアや情報が飛び交う六本木で、TPOの新たな一章をスタートさせます。コーポレート・コンシェルジュ サービスを通じてビジネスパーソンが本業に集中できる環境を整えて生産性の向上を支援し、多様な人が働き続け、力を最大限に発揮しながら活躍できる社会を目指して邁進して参ります。


    改めて日頃のご愛顧に厚く御礼申し上げますと共に、今後とも変わらぬお付き合いのほどお願い申し上げます。


    新住所:〒106-0032 東京都港区六本木6-6-2-301


  • NEWS

    2017.12.13

    一緒に働く仲間を募集しています!

    TPOでは、顧客企業の前面に立ち、社員に対してきめ細やかなコンシェルジュサービスを提供する​「コーポ レートコンシェルジュ」​および社員の方から受けた依頼のリサーチなど、バックオフィス業務を担当する​「リサーチスペシャリスト」​を募集しています。


    社員のワークライフバランスを尊重し、幸福度の高い職場創りを目指す企業をサポートし、働き方、生き方における幸せと成功の新しいスタンダードを、企業と共に創っていきませんか。柔軟な働き方も可能です。ご応募をお待ちしております。


  • NEWS

    2017.12.09

    日経ビジネスアソシエに代表マニヤンのコメントが掲載されました。

    日経ビジネスアソシエ1月号(2017年12月9日発売)のムーギー・キムさんの連載「最強の働き方革命」に代表のマニヤンのコメントが掲載されました。


  • PERSPECTIVES

    2017.12.06

    「ウィメン・イン・ビジネス白書」から見る女性の活躍状況と今後の展望「いまだ手付かずの潜在能力」

    2016年6月にACCJ(在日米国商工会議所)より発表された「ウィメン・イン・ビジネス」白書。2020年までに管理職、指導的地位にある女性の比率を30%に引き上げる日本政府の「2020年30%」の目標達成に向けた取り組みに、コンシェルジュサービスの導入が提案されました。


    以下、ACCJ「いまだ手付かずの潜在能力」より引用。


    …..コンシェルジュサービスを利用する従業員は、プライベートの用事が気になって仕事が手につかないといったこともなくなり、意欲的に仕事に集中し、生産性を上げることができる。…..


    …..企業が前述のようなサービス(従業員支援プログラムやコンシェルジュサービス)を提供すれば、女性人財の定着率をはるかに高めることができる。(中略)社内または外部委託の形でのEAPやコンシェルジュサービスを活用することは、絶好の方策と言える。また、従業員向けにコンシェルジュなどのサービスを用意している企業は、一流人財の獲得・繋ぎ止め、生産 性向上、長期雇用の機会拡大も実現しやすくなる。