NEWS

  • NEWS

    2024.05.29

    station×黒鳥社主催のコミュニティプログラムに代表マニヤンが登壇しました!

    5月23日(木)、station×黒鳥社主催のプログラム「コミュニティのもやもやを実践者と一緒に考える」全5回ディスカッションイベントの第3回目に、代表マニヤンがゲストとして登壇しました。


    昨年に続く第二回目の開催となる本プログラムは、毎回「コミュニティ」をテーマに主催者とゲストが対談する形で進行し、参加者の皆さんも一緒に意見交換しながらコミュニティにまつわる課題や実践について学べる場となっております。


    マニヤンは、今企業で注目されている「人的資本経営」を軸に、これから必要とされるオープンでイノベーティブな組織をどのように生み出していくのかを熱く語りました!


     


  • NEWS

    2024.05.10

    日本建築協会発行の『建築と社会』5月号に、日建設計コンストラクション・マネジメント㈱のサービスパートナーとして取り上げて頂きました!

    一般社団法人日本建築協会発行の『建築と社会』5月号に、日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社Strategy & Design Management事業部統括/佐々木康貴様による寄稿「大阪おせっかいオフィス O3」が掲載され、パートナー企業として㈱TPOをご紹介頂きました。


    記事中では、コンシェルジュサービス導入の背景や、コミュニティマネジャーの配置等によるオフィス活性化促進について大きく取り上げて頂きました。日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社の皆様にはいつも感謝しております。


    ㈱TPOでは、各種イベントや日々の取り組みを通じ、日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社の「行きたくなるオフィス」実現と、社員の皆様のQWL向上に貢献して参ります!


  • NEWS

    2024.04.30

    第18回JFMA賞受賞集誌面に日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社「Osaka Osekkai Office」でのTPOの取り組みが紹介されました!

    2024年4月「第18回日本ファシリティマネジメント大賞JFMA賞2024」が発行され、日建設計コンストラクション・マネジメント㈱のO3「Osaka Ossekai Office」受賞記事の中で、TPOのサービスについてもご紹介を頂きました。


    日建設計コンストラクション・マネジメント㈱の皆様とはO3プロジェクト始動の頃より協業をさせて頂き、おかげ様で2024年5月には1周年を迎えようとしております。


    ㈱TPOでは、ファシリテイマネジメントに取り組まれている企業に対し、ソフト面での環境整備の一助となれるよう今後も積極的に貢献して参ります。ぜひご一読ください!


  • NEWS

    2024.02.26

    「O3(大阪おせっかいオフィス)いきたくなるオフィス」(日建設計コンストラクション・マネジメント㈱)が 第18回日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)優秀ファシリティマネジメント賞を受賞! 弊社もサービス提供者として表彰されました!

    2月21日(水)、第18回ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)授賞式が都内で行われ、優秀FM賞を受賞された日建設計コンストラクション・マネジメント(株)の大阪新オフィス「O³(オースリー)いきたくなるオフィス」へのサービス提供者として㈱TPOも受賞致しました。


    授賞式では、コミュニティマネジャーやコンシェルジュサービスの導入を含めたO³の多面的かつ総合的な体制と試みも評価され、施設を通じての生産性向上に一層の期待が寄せられました。


    O³のコミュニティマネジャーそしてコンシェルジュとして、㈱TPOは日建設計コンストラクション・マネジメント(株)の皆様が心地よくオフィスで過ごせるよう、これからもサポートさせて頂きます!


  • NEWS

    2023.07.24

    MS&ADホールディングスの女性部長に向けた「ウェルビーイングセミナー」

    7/21(金)、代表マニヤンがMS&ADインシュアランスグループホールディングス(株)のセミナー講師として登壇致しました。女性部長93名の皆様を対象にした本セミナーのテーマは「自分とチームより良く働くために~ウェルビーイングを考える~」。グループ全体で、ダイバーシティ&インクルージョンを推進されているMS&ADホールディングスで、「公私融合」という考え方や職場でのウェルビーイング実現に向けた具体的な施策などについてお話させて頂きました。


    ご参加の皆様からは、管理職としてどのように個々のメンバーと向き合いながらチームとしての成果に繋げていくか、そして、多様な価値観や人材が活躍できるような環境づくりに向けて明日から何が出来るかなど活発な意見交換も頂き、とても有意義な時間となりました。